top of page

雪山で18時間、奇跡の生還?!(スマホですが、、、)

あえて、私の人となりを吐露すると、困ったことに外に出ると人の話や行動が気になる性分、かなりの観察癖があると思う。観察から得られる情報には無意識のままにしつこい。一方で、かなりの慌て者だと思う。思いついたことをすぐにやりたい衝動に駆られるのを、最近はなんとかー呼吸入れるようにしている。つまり、慌て者なのに、しつこい。


直近の事件簿から。

スノーボードのゲレンデで慌てたことから、スマホを落とす。一面真っ白な雪の中に白いスマホを、、、白銀の世界で探すのは至難の業、、、時は下山時刻を過ぎており、泣く泣く下山。諦めるでしょ、と言わんばかりの周りのムードにもかかわらず、iPadでサーチできないか?と思い、デジタルネイティヴ世代を捕まえて、操作をサポートしてもらうと、確かに、位置情報が!

眠れぬ夜を過ごし、翌朝1番にパトロール隊に泣きつき、雪上モービルに乗せてもらう、iPad を抱えて。またまたデジタルネイティヴ世代のパトロール隊員にiPadサーチで探してもらうと。。。なんと、雪の下から僅かな発信音が、、、!一晩超えて18時間後の発見。


さて、ここでの学び。

諦めない。そして、周りの的確な人にお願いする。

諦めないでお願いする。が私の性根かもしれない。ここのところ、老成ゆえにデジタルへの畏怖から遠慮がちだった性根が呼び覚まされた感じ。

改めて、決して諦めない。で、しつこくお願いする。ということで、皆様、どうぞよろしくお願いします。

(そもそも、慌てなければトラブルは起こらないのだが、、、)


Comments


bottom of page